フランチャイズ契約内容は本部の意向なのか?

フランチャイズとは?

フランチャイズとはフランチャイザー(本部)が商標や商品・サービス、営業上のノウハウなどをフラインチャイジー(加盟店)に提供する形態を言います。コンビニエンスストアやファストフード店が採用する事が多く、広い地域に店舗展開する時に使われる手法です。フランチャイザーは商標や権利などを提供する一方で、フランチャイジーはそれに対する対価(ロイヤルティー)を支払います。本部側のメリットは既に土地や店舗を持っている人に対して権利を提供すればよいので、短期間で店舗を増やす事が出来ます。加盟店側としても、比較的短期間で商品やノウハウを身につけ、サポートを受けられるため、安定した経営をする事ができます。しかし、収支保証に関してはあいまいな面もありトラブルに発展するケースもあります。あらかじめ、契約段階でよく確認する必要があります。

買取専門店の増加に見るフランチャイズのあり方

最近では、買取専門店の出店が多く見受けられます。フランチャイズという形態を取っている事が多いですが、問題が起こる事が少ないのが特徴です。それは、収支保証などのフランチャイズの問題点をクリアしている事が1つの理由です。例えば、ある会社では、あらかじめ、収支保証年間500万円など契約内容に明記されているため、独立開業を考えている人は安心してスタートが出来ます。本部からの専門員のサポートも厚く、また、買い取った商品は販売業者に転売するため、在庫を抱える心配もありません。フランチャイズの理想とするパターンであり、これが、買取専門店の出店が増加傾向にある理由です。契約内容というのは本部の意向が多いのが事実ですが、事前に確認出来るものですので、怪しいと思ったり、納得いかなければ他の会社との契約を考えることも必要です。新規事業を始める上で、フランチャイズを考える人は慎重に契約しましょう。